介護ファクタリングサービスについて

介護事業主が困る悩みは、急な資金繰りが必要な時です。

ファクタリング情報もきっとあるはずです。

今までは銀行などの借入、国民健康保険団体への請求で、資金をやりくりするのが一般的でした。現在では『介護ファクタリング』というサービスが普及し、資金繰りにとても役立っています。このサービスを取り入れてる事業主も増えてきています。
現在の医療業界で認知度が高い『介護ファクタリング』は、『介護報酬ファクタリング』とも呼ばれ、事業主の心強いサービスとなっています。

これは、介護報酬債権を、ファクタリング会社が買い取る事により、速い資金を調達するサービスです。
一般的な国民保険団体への請求を行うと、入金までに45日間と時間がかかります。


すぐに資金が必要な時は、45日間も待つのは難しいです。



このファクタリングサービスを利用すると、最短5日間で入金が可能になります。



また審査状況にもよりますが、一般的には初月は債権の70〜80%の金額が入金され、残りは次回に支払われます。
最初に入金される額が多いため、急な資金繰りにはとても有効です。銀行の借入などと違い保証人や担保も必要なく、サービスを利用する事が出来るのも特徴です。

利用する会社によっては保証人が必要な場合もあるため、事前確認はしておきましょう。資料請求も可能なので、急な資金が必要で困っているという事業主の方は、利用してみてください。

このサービスを利用すると、今後に残る資金の流れが充実し、効率的に経営が行えるメリットがあります。